2014年03月08日

アポフィライト

無色透明
自由が丘水晶天然石AMERI インド産 アポフィライトクラスター 魚眼石 APFCL-013 / AMERI





アポフィライト パワーストーン意味・効果
アポフィライトはその美しさからファンの多い石です。色も多彩で、グリーンのものは希少性が高く、特に人気があります。
非常に浄化力が強い石で、場をクリーンにし、感覚をクリアにする助けとなってくれる石です。
【目標に向かい突き進む勇気を与える・精神的に自由に】




アポフィライト 言い伝え
アポフィライトは石の表面の輝き方が魚の目に似て いる事から、和名で「魚眼石」と呼ばれます。
アポフィライトの名前の由来は、ギリシア語で『離れる』という意味の単語と、『葉』を意味する単語を組み合わせたもの。
名前の通り劈開性が強く簡単割れる為、加工には不向き。


アポフィライトのヒーリング効果
○瞑想の助け
○エネルギーの滞りを解消する
○空間の浄化
○インスピレーションを高める
○感情と精神に落ち着きをもたらす
○自分自身の本質を取り戻す為の助けとなる。


アポフィライトの浄化・お手入れ
熱に弱くデリケートな石で、取扱いには注意が必要です。



アポフィライトの主要原産地
インド、南アフリカ共和国などから産出されます。


鉱物学
アポフィライトには構成成分上から、フルオ・アポフィライト、ハイドロキシ・アポフィライト、ナトロ・アポフィライトの3つに分類されており、標本などと して出回っているもののほとんどは、フルオ・アポフィライトですが、それらの区別を肉眼で行うことは不可能と言われています。



アポフィライト(魚眼石)SA級/インド・ジャルガオン産アポフィライト(魚眼石)SA級/インド・ジャルガオン産





posted by 大道寺 トオル at 16:37| Comment(0) | アポフィライト | 更新情報をチェックする

アイスクリスタル

◆アイスクリスタル◆
アイスクリスタル.jpg

2006年にヒマラヤの氷河が溶解した場所から発見された水晶です。
ニルバーナクォーツとも呼ばれます。
表面は蝕像によってごつごつしていて、ものによってはトライゴーニックと呼ばれる
三角形の小さな凹みが多数見つかります。
ヒーラーの間で今最も注目集めている水晶です。

アイスクリスタルは本来この時代に見つかるはずが無かった石であり、地球から人類に対しての自然や環境に対しての人の取り組み、関わり方に関するメッセージが込められているとされます。

特に経営者や事業を営まれている方にオススメの石で、地球の本当の流れに沿ったやり方で経営をする事で、発展のサポートとなってくれる石でもあります。
アイスクォーツ(アイスクリスタル)12mmアイスクォーツ(アイスクリスタル)12mm



アイスクリスタル 石物語・伝説・言いつたえ
アイスクリスタルは、 温暖化によって氷河が溶けた跡で発見されたことから、 今この時代に地球から人間へ何らかの貴重なメッセージを伝えるために登場した石だと言われています。

ヒマラヤアイスクリスタル(クル渓谷)ブレス ギャランティカード付きサイズ:約8mm【ブレスレット】ヒマラヤアイスクリスタル(クル渓谷)ブレス ギャランティカード付きサイズ:約8mm【ブレスレット】

アイスクリスタルのヒーリング効果
霊的な悟りをもたらす
自然からのメッセージ
経営者にとって正しい経営をするためのサポートをする
【生まれ変わるためのアドバイスをくれる】 【スプリングセール】【メール便送料無料】★数量限定★アイスクリスタル ブレスレット★【smtb-k】【ky】【RCP】【スプリングセール】【メール便送料無料】★数量限定★アイスクリスタル ブレスレット★【smtb...


アイスクリスタルの浄化・お手入れ
自分で浄化する作用がありますので特に浄化の必要はありませんが、悪いエネルギーにさらされた時などは浄化をお勧めします。
その際は、太陽光や流水での浄化が良いでしょう。
ただし、長時間太陽光にさらした場合には変色の可能性がるので注意が必要です。



アイスクリスタルの主要原産地
インド(ヒマラヤ山脈)


鉱物学
アイスクリスタルは、近年発見され、ここ数年で市場に流通し始めた新しい石で、ヒマラヤ山脈の標高6000m峰の氷河地帯で産出される不思議な新タイプのヒマラヤ水晶です。

世界中のヒーラーの注目を浴びており、水晶とは比べられないほどのパワーを持つとされています。ただ、産出地が限られているため、非常に稀少な石となっています。
鉄の含有によって淡く赤みを帯びた色合いをしていますが、白色のものもあります。

他の水晶とは異なり、表面には、和名で「ヒマラヤ蝕像水晶(エッチング・クォ-ツ)」と呼ばれる所以である、独特の凹凸が見られます。蝕像水晶とは、水晶が形成される途中に、表面が酸やフッ化水素などで溶かされ、侵食の後が見られる水晶のことをさします。

中には、トライゴニック(Trighonic)と呼ばれる、先端方向に対して▼(逆向きの三角形)が鎖のように折り重なったものが浮かぶものもあり、かなり稀少とされています。

名前の由来は、氷河が溶けて発見されたためとされていますが、石同士を軽くすり合わせると、まるで氷のような音がするため名付けられたという説もあるようです。別名で、ニルヴァーナクォーツ(涅槃水晶)とも呼ばれています。

アイスクリスタルは、近年の温暖化現象により氷河が溶けたことにより地表に現れ、通常の水晶のようにクラスター状ではなく、ポイント状に単独で産出されます。非常に神秘的なイメージを持った石です。


願いがかなう!パワーストーン組み合わせ事典 [単行本] / マドモアゼル・ミータン (監修);...願いがかなう!パワーストーン組み合わせ事典 [単行本] / マドモアゼル・ミータン (監修); 西東社 (刊)



posted by 大道寺 トオル at 16:09| Comment(0) | アイスクリスタル | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。